FC2ブログ

収入が1/10になっても、正義(当たり前)を貫く山本太郎さん

今日、テレビをふとつけますと、

山本太郎さんが出演されていました。


関西だけの放送だとは思うのですが、

関西テレビでの「たかじんの胸いっぱい」という番組です。


大阪(関西)では土曜日の昼でも視聴率がなかなかいい番組だそうですが。



メディアから抹殺されてしまったのではないか・・・と心配していたのですが、

反原発、原発の危険、そしてなにより日本の今後を心配されての発言には

賛同の拍手を送るしかありませんでした。



山本太郎さんの出演は

全国ネットではないから実現しただろうとは思うのですが、

ほとんどの国民の人が当たり前のように感じていることを

述べられているのではありますが、


ごくごく普通に感じることを述べるにしても、

権力と正反対の意見であるなら

邪魔者扱いされてしまう現実を

一般国民がもっと感じなければならないし、

重く受け止めないといけないと思わざる得ません。


山本太郎さんと同じ気持ちがあるにしても、

現実問題として、現在の収入が1/10になるのも承知で同じような活動ができるかといえば

これは正直なところ難しいといわざる得ないでしょう。


それだけに山本太郎さんの存在はすごくおおきいものなのです。

単なる芸能人というわけにはいかないのです。

あれだけの覚悟を持って行動されている人は少ないはずです。



現に、妻から、

収入の心配さえなければ、

山本太郎さんと同じ活動するんとちゃう? と言われました。


私自身も、目立つ必要はありませんが、


山本太郎さんを補佐でもして、運転手でもして

応援したいと思う気持ちがあるのは事実です。


当たり前のことや正義、

ひいては本当に誠実なこと、必要なことを

主張、もしくは実現しようとするのは、


見返りにお金がこないということなんだろうと思います。



現に東電の前社長は多額な退職金をもらっているようですし・・・。

この状況におきましても・・・・。

この神経は考えられないですね。



チェルノブイリでの事故では、

あのロシアでさえ(言葉のニュアンスに御幣があればすいません)

バスを数台用意して、住民を避難させたそうですから、


原発周辺の福島県民をほったらかしにしている日本というのは

ロシア以下ということなんでしょうか???


そんなに日本ってひどいのかなぁ・・・と落ち込んでしまいます。


山本太郎さんの行動には、

そこには、私利というものが存在しないのでしょうし、

私利が働かないからこそ実現できるのだろうとも思います。



市長選や知事選があればちゃんと投票して、

投票率を上げていくことが

日本を良心のある人達の国にできる手段でもあると思います。


国民の大半が原発反対との思いを持っていらっしゃるだろうと思われることについても

政府は原発再稼動へと舵を切るのですから

ちょっとおかしいとしか思えないですね。


これって本当の国の姿なのでしょうかね。




>>>制御盤のことならお任せ下さい!--大阪府-東大阪市

テーマ : それでいいのか日本国民
ジャンル : 政治・経済

古賀茂明大臣官房付(審議官級)が退職する???

この人こそ官僚と思える人が退職されるようであります。

我々の常識が通用しない官僚の世界、

そして、政治の世界。


わたしも読みましたが、

日本中枢の崩壊を書かれた古賀さんを失うのは非常に大きな損出になるのは間違いがありません。

この日本にとって。



同じような思い、気持ち、志を持っておられる官僚や政治家も少数ながらおられるようではあるのですが、

その普通の感覚は通用しない世界のようですから、

道は険しいのかもしれません。



すっから菅と揶揄された菅前首相でありましたが、

脱原発への思いは強かったように思います。

まぁ、右往左往はしたようではありますが、


脱原発へ舵をとればたちまちテレビや新聞で避難の嵐。


それにひきかえ、野田首相に替わって原発の再稼動への方向にかわれば

野田政権を非難する風潮はどこへやら・・・と感じてしまいます。



野田首相は松下政経塾出身だそうですが、

故松下幸之助さんもこんなつもりでつくったのではないと

怒りと悲しみで一杯なのではないのかなと思ってしまいます。



広島と長崎に2発も原爆を落とされた日本、

そして、

その後に原発の事故による被害、


諸外国からみれば、

こんな状況になりながらも原発を再稼動しようとしている、

日本を滑稽にしか写らないのではないでしょうか。


特別な能力や特別なものの見方など必要はないのです。


ごく普通に、ごく自然に

原爆をおとされた事実、

原発の事故を見つめた場合、


本当に危険であると感じるはずであるなのに・・・。


この期に及んで原発再稼動へと進んでいきそうなのは不思議でしかたがありません。


変わった人でないと、

官僚や政治家はつとまらないのでしょうかね。


我々日本人の日本という国をもっと大切にしないといけないと思うのですが・・・。



この日本中枢の崩壊って本は少し長いと思われるかもしれませんが、

是非読んでほしい一冊です。


読んでいると感情が高ぶってきますよ。


「このままではいかんっ!」 って。




>>>制御盤のことならお任せ下さい!--大阪府-東大阪市

テーマ : これからの日本
ジャンル : 政治・経済

鉢呂経産相辞任

納期の関係から今日も仕事をしていたのでありますが、

ここんところ、少しばかり仕事漬けの日々をすごしておりまして

(ありがたいことに)

ブログを書く余裕もなく、

毎日、バタン休でありましたので

久々の更新となってしまいました。



野田政権が発足して間もないというのに、

早くも大臣が辞任ということになってしまいました。



東京電力福島第一原発の周辺市町村を

「市街地は人っ子一人いない、まさに死の街という形だった」と述べた


らしいのでありますが、


この内容自体はわたしといたしましては、

なんら辞任に追いやられるような発言だとは到底思えません。


わたしの本心でも、現に同じように思いますし、

思うほどのすごさといいざる得ないような気が致します。


現役の大臣の発言ですので、

これだけの被害のすごさ、

地震・津波の被害だけでなく、


原発事故による被害のひどさを認識している発言の内容だといえるように思います。


現実を直視して、被害の大きさを理解しておられると思えますので、

今後の対応にも(原発も含めて)良い方向へと作用するのでは・・・との

期待も持てるような気も致します。


原発への考え方、TPPの考え方 などなどが

首相や官僚(?)の思惑と違った方向で

抹殺(大臣を降ろされる)するネタとして利用されたのでは・・・



なんてことが頭をよぎったりも致します。



本当の求められているもの、

必要とされているものを

見極めていかないといけない気がしてなりません。


良心に従って、


人の話を聞き、

言葉を発し、

行動していきたいものですね。




>>>制御盤のことならお任せ下さい!--大阪府-東大阪市

テーマ : これでいいのか日本
ジャンル : 政治・経済

経産省次官更迭

海江田万里経産相が

経産省事務次官、原子力安全・保安院長、資源エネルギー庁長官の

3首脳を更迭する方針を明らかにしたようですね。


今回の原発の事故、その後の対応からすれば更迭されるのは

ごく自然の流れのような気がします。

当たり前と言ってもいいぐらいかもしれませんね。


政治的であったり、今後の政策が絡んでのパフォーマンスってなことでありますと

けしからん話になるわけなんですが、

今後に注目しておかなくてはいけない事象の一つでしょう。


ふと、思ったのですが、

更迭された(更迭される?)お三方の身分はどうなのでしょうかね。


更迭されるのですから、

重役から一気に平社員となっても、

これはこれで致し方のないと思うのですが・・・・。


ひょっとして、天下り?

すでに天下り先も決まっていて、

天下り先の役職まで決まっていたりして・・・・。


そんなことは許せないですね。


一般社会での常識を官僚や政治家の集団にも適用しないといけませんね。


そして、それに群れている人達(得をしている人達)をも

どうにか引き離さないといけないのであります。


ニュースや新聞はその瞬間は報道しますが、

その後を流しませんので、

それほど気にしていない人は忘れてしまうのですよね。


うまく利用されれば、その場の対応だけで後はごまかすことも簡単にできてしまうのでしょう。


今後に注目ですね。







>>>制御盤のことならお任せ下さい!--大阪府-東大阪市

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

増税の前にやることがあるはず・・・

官僚といわれる人の所属ところには、

同期に人間の大半は課長まではなれるそうなのです。


課長のポストがそれだけたくさんあるということなんですね。

普通の企業からすれば課長になるのにも

会社に対しての業績やこれまでの業績、

今後への期待等々も含まれてはいるものの、


同期の人間の大半を課長にするほどの数はないのが当たり前ですし、

逆に定年まで勤め上げても課長になれない人がいるのも現状だと思います。


それが決して悪いというわけでもありませんし、

その会社の事情もあったり

自分の能力が勤めている会社とはマッチしていないこともあったりしますので、

課長になれないからといって

卑下することもなく、避難されることもないのが本筋だと思います。


そして、官僚の場合は、

課長から上のポストとなりますとさすがにポストの数が少なくなってくるようで、

同期の中から優秀(何を元に優秀と判断しているのかは疑問)と判断された人が

次長であったり部長や局長、そして次官へと上り詰めていくようです。


本当に優秀(日本のことを思っている人)である人が責任のある立場になっていくのには

さして問題もないのでしょうが、どうやらそうでもないようで・・・・。


それだけでなく、次官へと上り詰めていく人がいる反面、

課長から上のポストになれない人も当然のことながらでてくるのですが、

通常、まぁ、一般企業であれば、


次のポストにつけなくても、

そのまま引き続き仕事に精を出して働くわけでありますが、

(不平・不満がある場合もあるでしょうが)


官僚の人達は、出世競争に負けた人に

違う場を提供するのだそうです。


それが、俗に言われている、

天下り なのです。


天下り先にいき、

新たな自分のポジションにつけてもらうのだそうです。


出世競争ということだけではないのでしょうが、

仮に出世競争に負けたとしても

それはそれで受け止めざる得ないのが当たり前のはずなんですがねぇ。


このようにして、コストがかかるそうです。


会社でいうなら、懐事情は危ない状況である日本のはずなのに、

コストを下げることさえせずに、

わが身の「得」を当たり前のように受けているのが

普通では考えられないところです。


このままで日本は本当に大丈夫なんでしょうか・・・・・。


ましてや、国のことを考えないといけない

立場の人がです・・・。


東日本大震災の復興費用の捻出に

増税やむなし との主張や風潮はそのまま素直には飲み込んではいられません。


増税の前にまずは、

その任務のある人がまずは身を切っていくことをしないと

国民は納得しないのではないでしょうかね・・・・。


現役官僚が書かれた、日本中枢の崩壊で述べられています。


著者の古賀さんを応援したい気持ちでいっぱいです。






>>>制御盤のことならお任せ下さい!--大阪府-東大阪市

テーマ : これでいいのか日本
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

小松叡弘

Author:小松叡弘
「制御盤の設計・製作・施工」を主としまして
会社を営んでおります。
>>続き

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR