FC2ブログ

継続

起業して40年以上、会社を経営した人が

陣中見舞いに来てくださいました。


いつも、ぶらっと、たまに訪ねてくれるのです。

偶然なのか、どうなのかわかりませんが、

もやもやしている時に、ちょうどいいタイミングで現れますので

救世主のような存在です。



経験の重みは大きいですね。

言葉にも重みがあります。



まだまだ、その域に達していないですが、

(ということは、まだまだ、成長できるということで
 伸びしろがあるということで、前をむけます。)


その人がおっしゃっていたのは


「技術的なことは、飲み込みの速さや器用さで差がついてしまう。

 向き不向きはしょうがないが、

 向上心や興味があるかどうかは大きな差になってしまう。

 コツコツと努力できることも力になる。」

と、おっしゃってました。



「向上心のある人、興味がある人、ヤル気のある人は

 ほっておいても

 出来る人を見て、真似て、聞いて、知識や技術を身に着けていく。」



「みんながみんなでないけれど・・・」  と。


「人それぞれ、良さはある」

「仕事なんて、誰も好きではない」

「世の中に貢献できている、役に立てていると思えることができるようになってきたら

 仕事への意識も変わってくる」  ともおっしゃってました。



「ある程度、継続していかないと

 知識や技量が備わっていかないから、

 社会に貢献できている、役に立てていると思えるまでには時間がかかる」 って。



私が思うには、

10年が一つのキーワードって感じがします。

10年続けていくと、今まで見えなかったことが見えたり、

(霊はいまだに見えませんが)



気付けなかったことに気付けたり、

思いつかないことを思いついたり、

あの手、この手が利用できたり。


続けていくうちに、


何か今までと違うと感じる時がきます。



きっと、これが成長を自分で感じる時なのでしょうね。


ふてくされている場合じゃねぇ、

上や前を見ていかないと、

あっという間にご老人になってしまいます。


小松叡弘
スポンサーサイト




>>>制御盤のことならお任せ下さい!--大阪府-東大阪市

テーマ : 自己啓発
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小松叡弘

Author:小松叡弘
「制御盤の設計・製作・施工」を主としまして
会社を営んでおります。
>>続き

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR