FC2ブログ

見た目よりも機能を重視

大型の路線バスを運転していた時の事です。

いつやねん! 何してんねん! なんでこうなってん!

いろいろと突っ込みを入れられそうですねぇ。

詳しい話は講演にお越しください!(笑)



で、大型の路線バスを運転していた時の話の続きですが、

普通免許では特に条件はなかったのですが、

大型二種ではメガネをかける条件が付いたときがありました。


その時に必要に迫られて眼鏡を買いに行ったのです。

何を隠そう(隠す必要があるのかどうか)


メガネは似合わないのです。ゲッ。


できるだけマシなものを選んでいくと、

フレームは小さなものに行きつきました。


これならいいか!やや小さめで針金のような感じのもの。


路線バスを運転をするときは、この買った眼鏡をかけないといけないので

しぶしぶかけて運転しておりました。


メガネをかけて運転し始めた時に気付いたことがあります。



それは、視界が狭くなっているということ。


考えてみると、メガネをかけないで運転しているときは

めん玉を絶妙に、しょっちゅう、動かして運転しているようなのです。

私の場合は。



メガネをかけて運転したときも、今までと同じように

めん玉を動かして周囲を見たりバックミラーを見たり、サイドミラーをみたりするのですが、

バックミラーやサイドミラーを見ようとしたらメガネのフレームから目的物のバックミラーやサイドミラーがはみ出てしまっているのです。



ということは、



視力が低下している裸眼でミラーを見ることになりますので

非常に見にくいわけです。



となると、顔をバックミラーやサイドミラー側に少し動かさないと眼鏡越しにミラーが見えないのです。


運転が非常にやりにくかったのを覚えています。



これって大発見や!!!



ここから気が付いたことですが、

メガネをかけていると、

普段の仕事であっても、メガネのフレームが外れたところは

自分から見に行こうとして顔を動かさないと視界に入らないということです。



ということは、裸眼の人とメガネをしている人とでは、

パッと気付ける範囲や情報も違ってくる可能性があるということです。



これだけでも差がある!



幼少の頃からかけている場合は、違和感や違い等、特に感じないかもしれません。


すぐそばにあるいろんなことに気付けないことになってしまいます。



仕事の場面によっては、

「わからんやっちゃなぁ」

「どんくさいやっちゃなぁ」

「気が付けへんやっちゃなぁ」

っての評価になってしまいかねません。



意識してメガネのフレームの外側を見るようにしないと

大事なことも気が付かないままになってしまいます。



見てくれも大事ですが、TPOに応じてフレームを大きいのにすることも必要かもしれませんね。



コンタクトレンズがいいのかもしれませんが、

目の中に入れるのは怖くて怖くて、よう入れません。


ましてや自分から目の中に入れるなんて・・・。


コンタクトレンズを入れてる人って、すごいなぁと思います。



ちなみに今は路線バスには乗っていませんし、

運転の条件にはメガネは記載されておりません。

運転要請があれば、行きますよーーー(笑)



どこで、どんなことに気付かせてくれるのか、びっくりしますね~~~。


スポンサーサイト




>>>制御盤のことならお任せ下さい!--大阪府-東大阪市

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小松叡弘

Author:小松叡弘
「制御盤の設計・製作・施工」を主としまして
会社を営んでおります。
>>続き

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR