FC2ブログ

健康は食事から

何を食べても死ぬまで大きな病気にならない人もいるかもしれません。

それはそれでうらやましい限りです。


我が家では砂糖をまず使いません。

そうです、あの白い砂糖です。


甘味が必要な時は本物の塊の黒糖を粉にしたものか、

本物のみりん(みりん風じゃないもの)を使います。


野菜も有機のものを優先的に使用します。


これだけ気を付けても病気になるかもしれませんが、

少なくとも、少しでも健康状態を持続できるか、

腸がそれほど強くなかったとしても、

悪化するのを防ぐ効果はあるはずです。


病気を治すという意識から

病気を予防するという意識にすることがとても大切に思うのです。


ず~~~っと健康だった人は無頓着になりがちですが、

虚弱体質であったり、

ある程度の年齢になって体調の変化で以前と違ってきたりする人も

たくさんいらっしゃるみたいですし。


日頃の積み重ねって、

時間と共に大きな効果をもたらすことになりますしね。


そうそう、


アミノ酸や味つけをよくするために化学調味料のようなものも使うことはほとんどありません。


味付けも薄味です。


これになれると、外食等をすると味付けが濃いことに驚きます。

食べた途端に喉がかわきます。

(外食産業を敵にまわそうとしているのではありません。あしからず)


こんなことを言ってはいけないかもしれませんが、

素材が古くても、

濃い味付けで臭みなどを隠すこともできるのかもしれないなぁと感じてしまいます。

(これまた外食産業を敵にまわそうとしているのではありません。あしからず)



おかげで、素材の味っていうのが感じれるようになってきました。

野菜の甘みといっても、種類が違えば違うんですね。

苦味も感じれますしね~。



うまいですよ~~~


スポンサーサイト


>>>制御盤のことならお任せ下さい!--大阪府-東大阪市

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小松叡弘

Author:小松叡弘
「制御盤の設計・製作・施工」を主としまして
会社を営んでおります。
>>続き

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR