神経質が上手くなる??

今日、お客さんの職人さんとゴルフの話になりました。

「ええ加減、ゴルフし~や!」って誘ってくださいます。


その人は70台や80台で回ってくるそうです。

もちろん、18ホールです。

すっごいうまいですね~~。


ゴルフだけでなく、人の事も教えれるぐらいの実力があるのです。


これだけなら、ゴルフが上手い・・・という話で終わりますが、

ゴルフを始める人も多く、
上達する人には共通点があるようです。


少しでも上手になろう、

上手い人のをみて何かを吸収しようとの

向上心を持っているそうです。


上手いその人が打つ時に「後ろで見ていいですか?」って聞かれて

「いいよ」って言って、打つのを見られるわけなんです。

上手い人でも後ろから見られるのは嫌な人も多いそうなんですが、

後から見て何かを盗もうとの思いがあるのです。

それぐらい、向上心を持っているのだそうです。


見るだけでなく、どうしたらそうなれるのか・・・等々、

上達できる要素を見つけようとするそうです。


常に考えているんですって。

今より上達するには、今の自分と上手な人との違いを。


また、性質も影響していることをおっしゃってました。

神経質な人は上手くなりやすいそうです。


いろんなことを考えるからということらしいのですが、

神経質って言葉からは良い印象は浮かびにくいですが、

よく気が付く人であったり、

仕事ができる人にも共通しているところはあるように思えます。


プロスポーツ選手や芸術家の人は

大胆そうに見えても繊細な人も多いですし、

どの世界も一緒なんでしょうね。


一見、豪快に見える人も、

緻密にあれこれと、

いろんなケースを想定して神経質なぐらい考えての行動や決断をしているのかもしれませんね。




>>>制御盤のことならお任せ下さい!--大阪府-東大阪市

スポンサーサイト

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

プロフィール

小松叡弘

Author:小松叡弘
「制御盤の設計・製作・施工」を主としまして
会社を営んでおります。
>>続き

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR