FC2ブログ

寂光寺

京都にある寂光寺は、

囲碁をする人、囲碁のプロの人達にとっては

非常に重要な場所なのだそうです。


「本因坊」と聞いたことがある言葉でありますが、

囲碁の家元の地位となっているそうなのです。


戦国時代には戦をするにあたっては

囲碁をして、戦略を練っていた 

なんてことを聞いたりもするのですが、


囲碁は陣地取りですから、

戦の戦略を練る上ではかなり役立っていたのかもしれませんね。


織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の中では

どうやら、徳川家康が強かったようですが、


織田信長と豊臣秀吉とでは

織田信長が公式の上では強かったようです。


実力では秀吉が上だったとか・・・。


織田信長の気性からして

信長を立てていた、なんだそうです。


囲碁はなじみが全く無かったのでありますが、

何を思ったか、


囲碁の入門コース(初心者を対象)を体験しました。


少しは理解できましたが、なかなか奥が深いようであります。


普段、使わない脳を使うことで

いつか何かの約にでも立てばとおもったりもするのです。


囲碁をする人の間では人気となっているのが

寂光寺 囲碁上達お守り囲碁上達お守りなんです。


寂光寺には歴史ある碁盤もおいてありました。


ちなみに、囲碁の碁石の白と黒とでは若干違うのだそうです。


色彩的に白の方が大きく見えるということで、

黒の石の方が0.02g大きいのだそうです。


へぇ~ ですね。





>>>制御盤のことならお任せ下さい!--大阪府-東大阪市

テーマ : 京都
ジャンル : 地域情報

プロフィール

小松叡弘

Author:小松叡弘
「制御盤の設計・製作・施工」を主としまして
会社を営んでおります。
>>続き

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR