FC2ブログ

継続

起業して40年以上、会社を経営した人が

陣中見舞いに来てくださいました。


いつも、ぶらっと、たまに訪ねてくれるのです。

偶然なのか、どうなのかわかりませんが、

もやもやしている時に、ちょうどいいタイミングで現れますので

救世主のような存在です。



経験の重みは大きいですね。

言葉にも重みがあります。



まだまだ、その域に達していないですが、

(ということは、まだまだ、成長できるということで
 伸びしろがあるということで、前をむけます。)


その人がおっしゃっていたのは


「技術的なことは、飲み込みの速さや器用さで差がついてしまう。

 向き不向きはしょうがないが、

 向上心や興味があるかどうかは大きな差になってしまう。

 コツコツと努力できることも力になる。」

と、おっしゃってました。



「向上心のある人、興味がある人、ヤル気のある人は

 ほっておいても

 出来る人を見て、真似て、聞いて、知識や技術を身に着けていく。」



「みんながみんなでないけれど・・・」  と。


「人それぞれ、良さはある」

「仕事なんて、誰も好きではない」

「世の中に貢献できている、役に立てていると思えることができるようになってきたら

 仕事への意識も変わってくる」  ともおっしゃってました。



「ある程度、継続していかないと

 知識や技量が備わっていかないから、

 社会に貢献できている、役に立てていると思えるまでには時間がかかる」 って。



私が思うには、

10年が一つのキーワードって感じがします。

10年続けていくと、今まで見えなかったことが見えたり、

(霊はいまだに見えませんが)



気付けなかったことに気付けたり、

思いつかないことを思いついたり、

あの手、この手が利用できたり。


続けていくうちに、


何か今までと違うと感じる時がきます。



きっと、これが成長を自分で感じる時なのでしょうね。


ふてくされている場合じゃねぇ、

上や前を見ていかないと、

あっという間にご老人になってしまいます。


小松叡弘


>>>制御盤のことならお任せ下さい!--大阪府-東大阪市

スポンサーサイト



テーマ : 自己啓発
ジャンル : ビジネス

これでいいのだ

起業して40年ほど会社を経営し

つい数年前に会長になられた方と

これまた、数年ぶりにお会いしたときの話の続きです。



「この嫁さんと、子供でよかった。」

「そのおかげで、ここまでやってこられた。」

と、おっしゃってました。



起業当初は、奥さんに


「ボール盤で穴を開けてもらったりもしたし、

 軽トラかトラックかで配達もしてもらったし、

 経理のこともしてもらったし・・・

 汚れる仕事なので女性にしてみれば嫌な事なのに・・・」



「自分がいろいろとできないので、いっぱいやってもらった」 って。



「奥さんに手伝ってもらわない人もいますので

 そんな人はすごいなぁって思う」  ともおっしゃってました。



「わしは、優秀ちゃうから」



「せやから言うて自分を卑下することはないねんで」

って。



私も妻と一緒にやってなかったら

ここまで続いてることはないのは間違いありません。



そういう自分が情けないと思うこともしょっちゅうありますが、

会長に言われて、ほっとしました。



天才バカボンのように「これでいいのだ」そうです。


小松叡弘



>>>制御盤のことならお任せ下さい!--大阪府-東大阪市

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

職人とは言わない!?

起業して40年ほど会社を経営し

つい数年前に会長になられた方が

弊社にこられた時の話です。


お会いするのは数年ぶりです。


いろいろと良い話を聞け、勇気づけられました。



その時の話で

「ほぉ~~~」 

と思うことがありましたのでご報告します。



会長  「いいものを作ることができたとしても、

     作るだけ、言われたことをやるだけの人は

     職人と言わない。」


私   「?」



会長  「なんて言うか知ってるか?」


私   「???」



会長  「職工と言うんや。」


続けて、


会長  「職人とは、

     単に作るだけやなくて


     いろんなことをする、

     いろんなことができる、

     いろんなことを考える、


     『人』のことを言うんや」


会長  「『職人』やからな」



深~~~い、お話でした。


小松叡弘


>>>制御盤のことならお任せ下さい!--大阪府-東大阪市

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

資格っている???

本格的に社会に出始めた頃のことです。


電気工事の仕事についたとき、

「第二種電気工事士を取っとけ」って、

親方や職人さんに言われました




第二種電気工事士ですが、

筆記試験と実技試験があるのです。

筆記試験は見事1回で合格しました。

どんなもんだい!



さて、実技試験ですが、

講習にも行かせてもらいましたが

残念ながら落ちてしまいました。



あ~~~ぁ。



親方に報告しました。


きっと、あれこれと言われるんやろうなって思っていたら、


親方が


「仕事で必要やねんから、いつか通ったらいいねん」 っておっしゃってくれました。


資格が命ってぐらい、資格への思いがつよかったのですが、


親方からの言葉に、

「資格を持っているのがすごいのではなく、

その仕事をするのに必要だから資格を取る」 と資格への認識が変わりました。



ほんと、親方の言葉は大きかったです。


資格には難しいものがありますが、

その仕事をするためにはそれだけの知識等が必要だということですから

当然っちゃ当然です。



難しい資格を持っていても、その中でもレベルの差があったりしますし、

取るまでも大変ですが、

取ってからが本当に大変なのかもしれません。



何を目指すにしても、

資格をもっているのがすごいのではないってことに気付けたのは大きなことでした。




>>>制御盤のことならお任せ下さい!--大阪府-東大阪市

テーマ : 資格・スキルアップ・仕事
ジャンル : ビジネス

見た目よりも機能を重視

大型の路線バスを運転していた時の事です。

いつやねん! 何してんねん! なんでこうなってん!

いろいろと突っ込みを入れられそうですねぇ。

詳しい話は講演にお越しください!(笑)



で、大型の路線バスを運転していた時の話の続きですが、

普通免許では特に条件はなかったのですが、

大型二種ではメガネをかける条件が付いたときがありました。


その時に必要に迫られて眼鏡を買いに行ったのです。

何を隠そう(隠す必要があるのかどうか)


メガネは似合わないのです。ゲッ。


できるだけマシなものを選んでいくと、

フレームは小さなものに行きつきました。


これならいいか!やや小さめで針金のような感じのもの。


路線バスを運転をするときは、この買った眼鏡をかけないといけないので

しぶしぶかけて運転しておりました。


メガネをかけて運転し始めた時に気付いたことがあります。



それは、視界が狭くなっているということ。


考えてみると、メガネをかけないで運転しているときは

めん玉を絶妙に、しょっちゅう、動かして運転しているようなのです。

私の場合は。



メガネをかけて運転したときも、今までと同じように

めん玉を動かして周囲を見たりバックミラーを見たり、サイドミラーをみたりするのですが、

バックミラーやサイドミラーを見ようとしたらメガネのフレームから目的物のバックミラーやサイドミラーがはみ出てしまっているのです。



ということは、



視力が低下している裸眼でミラーを見ることになりますので

非常に見にくいわけです。



となると、顔をバックミラーやサイドミラー側に少し動かさないと眼鏡越しにミラーが見えないのです。


運転が非常にやりにくかったのを覚えています。



これって大発見や!!!



ここから気が付いたことですが、

メガネをかけていると、

普段の仕事であっても、メガネのフレームが外れたところは

自分から見に行こうとして顔を動かさないと視界に入らないということです。



ということは、裸眼の人とメガネをしている人とでは、

パッと気付ける範囲や情報も違ってくる可能性があるということです。



これだけでも差がある!



幼少の頃からかけている場合は、違和感や違い等、特に感じないかもしれません。


すぐそばにあるいろんなことに気付けないことになってしまいます。



仕事の場面によっては、

「わからんやっちゃなぁ」

「どんくさいやっちゃなぁ」

「気が付けへんやっちゃなぁ」

っての評価になってしまいかねません。



意識してメガネのフレームの外側を見るようにしないと

大事なことも気が付かないままになってしまいます。



見てくれも大事ですが、TPOに応じてフレームを大きいのにすることも必要かもしれませんね。



コンタクトレンズがいいのかもしれませんが、

目の中に入れるのは怖くて怖くて、よう入れません。


ましてや自分から目の中に入れるなんて・・・。


コンタクトレンズを入れてる人って、すごいなぁと思います。



ちなみに今は路線バスには乗っていませんし、

運転の条件にはメガネは記載されておりません。

運転要請があれば、行きますよーーー(笑)



どこで、どんなことに気付かせてくれるのか、びっくりしますね~~~。



>>>制御盤のことならお任せ下さい!--大阪府-東大阪市

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

プロフィール

小松叡弘

Author:小松叡弘
「制御盤の設計・製作・施工」を主としまして
会社を営んでおります。
>>続き

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR