食べ物には気を使う・・・

一口に食事療法って言っても、

好き放題に食べてきたわけですから

そう簡単にはなれるものでもなさそうです。


アトピーなどの症状がでたり、

食事制限でもされない限り、

自発的には相当強い意志が必要かもしれません。


それだけの強い意志を持って

食事に気を付かっても


元となる食材に

添加物や着色料等々がたくさん混ざっているようですと

努力のかいがないようにも思えます。


よくよく考えてみましょう。


野菜って、ほーっておくと、

色も変わるし、よれよれにもなりますね。


それが、一週間や二週間、

下手をすれば一か月しても

しゃきしゃきとしているのは

あまりにも変ですね。


大丈夫???

って、思うしかないです。


って、ことは、

たまに野菜の中に

白菜の中なんぞに

虫でもいようものなら


「げっげっげーーーーーーーっ!!!」


って気色悪いですが、

これって、なんの不思議でもなく

それだけ、自然に近い証拠って受け取れますね。


ってことは、

食材はできるだけ無農薬を選ぶのが賢明ってことになります。


肉でも、ミンチ肉を使う場合なんぞは、

スライスされたものを

ミキサーなどを使用してミンチにする方がなんとなく安心ですし・・・・。


面倒臭いですが、

身体の事を考えると・・・・。


妻はすごいです。


ただし、エンゲル係数は高くなってしまいますが、

そこは、頑張るしかないですなぁ。







>>>制御盤のことならお任せ下さい!--大阪府-東大阪市

スポンサーサイト

テーマ : 健康で過ごすために
ジャンル : ヘルス・ダイエット

アトピー???

アトピーって誰がなってもおかしくないようですね。


人によって現れる場所も様々なようですし、

ものすごくひどい場合もあれば、

我慢できる程度の場合もあるようでして・・・。


特に女性の場合は、

顔に現れるとどうにもこうにも

男性が想像する以上に苦痛のようです。


年をとっても「美」を意識するのが女性ですもんね。

「美しさ」はいつまでも追い求めるようですし。



とりあえずは、病院に行って薬をもらうことになるようですが、

詳しくはわかりませんが、「ステロイド」っていうものを。


塗ると、さすがに薬なんですね、

効果てきめんって感じなんでしょうが、


どうやら、塗るのをやめたり、頻度をさげていくと

あら~~~、


塗る前よりも余計にひどくなるみたいです。


禁煙して、やっぱり我慢できずに再び吸い出した場合に本数が増えるのと同じかな。

(たとえがおかしいかもしれませんがこんな感じです。)


こうなると、どんどんどんどん、きつい薬にたよることになっていくのでしょうね。


そりゃそうだ、なおしたいもん。


でも、なにやら、腸などの体の中の機能が衰えていたり

あれていたりしても発症するようですよ。


うちの妻がそうだったみたいで、

それはもう、ひどかったのです。


今だから言いますが、

「もう、死ぬかも・・・」

って、本当に思いました。


それぐらいひどかったです。


それからというもの、

食事療法ってやつで徐々に退治していったのであります。


タンパク源は納豆などの大豆、

レンコンなどの根菜類を中心に

徹底しておりました。


肉なんぞはしばらく食べなかったですね。


そして、砂糖も。


ケーキやおかし、まぁ、ちまたに甘くておいしいものが

ゴーロゴロしておりますが、


沈静化するまでは我慢しておりました。


いまでは、週に一度だけ楽しみである甘いもの、

ケーキを少し食べております。


そんなこんなで今でも食事を徹底しておりますが、

あの、怖さを二度と味わいたくない気持ちからのようです。


なんでもすぐに薬に頼るのは考え物かもしれませんね。

わたしも薬はよっぽどでないと飲まないようにしております。




>>>制御盤のことならお任せ下さい!--大阪府-東大阪市

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

プロフィール

小松叡弘

Author:小松叡弘
「制御盤の設計・製作・施工」を主としまして
会社を営んでおります。
>>続き

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR