FC2ブログ

失敗は成功のもととは言うけれど

「失敗は成功のもと」っていい言葉ですね~。


チャレンジし続けている限りは失敗ではないって。



というものの、


何かで失敗したときに、


「失敗は成功のもと」だから、

次、頑張ろう・・・

と、安易に思うのとは少々違うかもしれません。



単なる、準備不足での失敗と

本当に、精一杯、果敢にチャレンジした失敗を一緒に扱うのはどうでしょう・・・。



足元をしっかりと見つめて、


最低限の準備は必要なのでしょうね。



>>>制御盤のことならお任せ下さい!--大阪府-東大阪市

スポンサーサイト

テーマ : 自己啓発
ジャンル : ビジネス

関白宣言・・

たまたま、さだまさしさんの「関白宣言」が流れていました。

いやぁ、懐かしい~~~と、

少々、聞きこんでいましたら、


「おっ、ええ歌やん、これ」って。


感動すら覚えたのでありますが、

ひょっとして、


憧れの思いが感動を呼び起こしたのかもしれませんね。


女性からすれば反論もありそうですが、

男性としての気持ちを代弁してくれていると言えそうですね。


当時は特に何も思わなかったのですが、

結婚してなんやかんやとありますと

この歌は「じ~~~ん」とくるのかも・・・です。


男性の願望が含まれてはいるでしょうが、

亭主関白の部分だけでなく、


相手への想いなんぞも歌詞に含まれている部分もあるのですけどねぇ。


本当に。



「関白宣言!!!」

と、心の中でつぶやいたのでありました。





>>>制御盤のことならお任せ下さい!--大阪府-東大阪市

テーマ : 結婚生活
ジャンル : 結婚・家庭生活

運・・・

自分は「運がいい」とか「運が悪い」とか

人によって様々、


私自身は「運がいい方」だと思っております。

実際にそうだと思っているわけです。


最近、「この人は運がいいかも・・・」と思える人と

「この人は運が悪いかも・・・」と思える好対照な二人を見る機会がありました。



まぁ、私がなんとなくそう感じたまでのことなんですが、


「この人は運がいいなぁ」と思った人は

職を変えての心機一転の出発なんですが、

やる気はすごくあるようで、

そのおかげもあってか


仕事を早く覚えたい・・・との気持ちが天に通じたのかどうか、

不思議と新たな仕事を覚える機会・させてもらえる機会が多いのです。


一方の「この人は運が悪いかも・・・」と思えた人は

なかなか望んでいるようにはいかなかったのです。



客観的に感じたのは

仕事への姿勢といえるかもしれません。


まぁ、性質もあるのかもしれませんが、

不思議ですね~~~。


「運」を引き寄せる何かがあるのでしょうかね。


もっとも、こういう「運のいい人」といるようにしていると

こちらも良い方向に引っ張ってもらえそうですね。




>>>制御盤のことならお任せ下さい!--大阪府-東大阪市

テーマ : ひとりごと。
ジャンル : 日記

理想の自分

先日、読んだ本にこんなことが書かれていました。


どういうことかといいますと、

嫌いな人のリストを作れって。


嫌いな人の個人名を書き出すのではなくて、

嫌いなタイプの人間を挙げるというもの。


嫌いな人の個人名を書き出す方がストレス発散にはなりそうですが、

人間的にはちょっと・・・ですね(笑)。



さてさて、話はもどりますが、

嫌いなタイプを書き出すとどう言う効果があるかといいますと、

理想の自分に近づくんですって。


おぉぉぉ~~~っ、これはすごい!


例えば、

・うそをつく人

・約束を破る人

が、嫌いなタイプだとしますと、


自分は

・ウソをつかない人

・約束を守る人

というのが目指す理想の自分ということなんですって。


目指すだけではなく、実践していかなければ意味がありませんがね。



嫌いなタイプですが、

私なんぞはたくさん挙げれそうです。

・うそをつく人

・誠実でない人

・セコイ人

などなど。


まだまだいっぱいでてきそうですが・・・(汗 or 笑)。


理想の自分を見つけることができそうですし、

魅力的な人間になれるかも・・・・・です。



本はこちら、

「なぜ非常識な人ほど成功するのか」






>>>制御盤のことならお任せ下さい!--大阪府-東大阪市

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : 日記

親から自分、そして、子へ

「子を持って親の苦労を知る」ということがありますが、

それだけではなく、

子供への愛情というのも、

親から自分が受けた愛情を伝えようとしているような気がします。


自分なりに子供への愛情のかけかたはあるのでしょうが、

基本となる部分は、


親から自分が受けた愛情、愛情の形みたいなものを、

自分の子供にも同じだけは与えようとするのかもしれませんね。


親がすることは当たり前との思いが強い場合は違うのかもしれませんが、

わたしは男なので、


中学生の頃(思春期の頃ですね)あたりから、

父親に対するものは強かったように思います。


特別、父から褒められた記憶もありませんし、

その割には、父なりの感情というのものを受け取っていた(感じていた)ようにも思います。


言葉も当然のことながら大切なのでしょうが、

愛情がこもっていれば、

相手にも伝わりますし、

それなりの態度や行動にもでてくるのだろうと思います。


今頃になってようやく愛情の伝達をしなければと気付いたのでありました。


子供は2名ほど大人になったのでありますが・・・。


気付くのがおそすぎたかなぁ。。。


ただ、ただ、

言い訳では有りませんが、


自分の考え方みたいなものは、

時折、みんなの前で語っていましたので、

多少は影響されているのではないかなぁ・・・


と、自分を慰めているのでありました。


この先は子供独自の人生ですから。




>>>制御盤のことならお任せ下さい!--大阪府-東大阪市

テーマ : 子育て
ジャンル : 結婚・家庭生活

プロフィール

小松叡弘

Author:小松叡弘
「制御盤の設計・製作・施工」を主としまして
会社を営んでおります。
>>続き

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR